病院から処方されたのがジスロマックです。
こちらはクラミジアに感染するとされる疑いで薬を使うようになったのですが、結構つらいものがあるために、わたしが病院で手に入れたのがジスロマックの薬。原因としては、性行為が要因と言われているのですが、詳しいことまではわからないそうです。でも、多分、アレが原因かな~。やはり、性行為をした後には、風呂にはいることが一番。これが予防になると思う。だけどさ、体がだるくなり、疲れちゃうので、どうしてもそのままにしてしまい、クラミジアなどが感染してしまう・・・すぐに体を洗えばいいそうなんですが、ここらへんの予防ができていないわけなんですね。

そういったことから、ジスロマックを服用し、至らない感染病をキレイにケアするわけなんですね。余計な部分を削除して、悩んでいた部分をキレイにする。こういった悩みをどうケアしていくのかが大事で、ほんとうに辛い部分に対して、どれだけ考えて行うかも重要だと思っている。

kuata

毎日のように悩んでいたままではダメだと思っている。やはり改善のことを考えても、キレイな体をどれだけ意識して行うかが重要になるはず。

悩むところと、そのままに放置しておくことを考えて、もう二度とジスロマックの薬を使わずに、クラミジアの感染病を阻止したいもの。

ジスロマックとクラミジアの関係について

生活習慣を見直していくことを思う。今まで健康にむとんちゃくに過ぎたもので、冷たい飲み物を温かい飲み物に変えて、お風呂もシャワーだけでなくお風呂に使ったり、マッサージしたり、そうして規則正しく体をいたわるような生活週間にスフとするだけでも、体内に栄養分を吸収することができるために、バランスをとることができる。

あと、アタリマエのことなんですが、毎日のようにお風呂に入り、体をキレイにすることも大事。これは当たり前のようにすることが重要になると思いますね。ワタシなんかは、体をキレイにしていなかったために、体に悪い菌が付着してしまい、ジスロマックのクスリの世話になったんだと思う。

そのために、今のワタシにとっては体を清潔にすることは大事、そしてどれだけ健康を考えておくかも重要になると思いますね。

ゾビラックス
ゾビラックス

数日前、詳しく話と3日前だと思います。脚の付け根がむずむずするような痒みを感じていました。最初の一日目は、蚊やダニに噛まれたような違和感で、そこまで気に留めるようなことではなかったのですが、2日め3日めになると、我慢ができなくなる。最終的には痛みがハッ知るほど。

水ぶくれができてしまったんです。
最初は小さなブクブクだったのが、次第に大きくなり、最終的には親指ほどの大きさに。そのためい、近くの皮膚科クリニックで診てもらうことにしました。

するとヘルペスというウイルスが原因と担当の医師に言われました。
「ヘルペス?」
なにそれ?

私は初めてその名前を聞きましたが、先生の話ではけっして珍しいことではないそうです。セックスなどで人に感染するウイルスとのこと。

症状からして3日も立っているために、もしかしたら効果はないかもしれないが、ウイルスを抑えるゾビラックスの薬を手渡されました。

それは帯状疱疹でも使われる薬だそうですが。ゾビラックスを使うことで、一度掛かった時にも、同じような痒みが起こらないそうです。
ゾビラックスの作用として、ウイルスを抑制してくれるそんな効果があるとのことなので、同じような部分に、痒みや痛みを感じたときには、すぐに服用するように進められました。

筋肉を動かすことで熱が生み出され、体があたたまる。
そのために、私は運動を活発にしています。しかし、やり過ぎると、体の免疫が低下して、ヘルペスが起こることも。疲れと体のバランスを考えておかないと、トラブルが起こるためにある程度のバランスを考えること。

どちらかに偏った自律神経のバランスをリセットするはたらきがあるので、片方によるのはいけませんね。

運動では体温を上げて汗をかくことを繰り返せば交感神経と副交感神経がともに活性化され、自律神経のバランスが良くなります。ポイントは軽く汗ばむ程度。からだを動かすことで、ウォーキングなど1日に最低でも10~15分ほどの運動をすること。

足腰の筋肉も使うことで意識して歩くことが大事なんですね。